お金が必要になったので過払い金請求からの融資を希望してます

以前ある消費者金融で借入があり、色々と悩んだ結果、家族の勧めで過払い金請求をして返還してもらいましたが、再びお金が必要になったのでお金を借りたいです。過払い金請求済みであっても融資をしてもらうことは可能ですか?

過払い金請求からの融資は、借りれる人と借りられない人がいます

最近のテレビCMの影響で過払い金に存在感が出てきましたよね。結論から申し上げると、過払い金を返還されたあとも融資は受けられます。ただし、審査が厳しくなる方もいるので以下を参考にしてみてください。

○借りれる人 借金がある業者すべて完済してから過払い金請求を行った場合。

○借りられない人 借金がある業者すべて完済せずに過払い金請求を行った場合。

返還後の融資を希望する場合に重要になってくるのが日本信用情報機構での事故登録。いわゆるブラックリストと呼ばれている登録行為になります。借入業者のすべての借金を完済してから弁護士を通して返還請求をした方は、問題なく再び融資を受けられます。何故なら、完済したあとだからです。信用情報機構には何の事故登録もされず、ただ完済した情報のみが登録されます。

少し前までは過払い金請求は債務整理ということで事故登録扱いでしたが、参考情報の見直しをした結果、参考情報が消え過払い請求という事故情報そのものの存在がなくなりました。そのため、信用情報機構には完済情報しか残っておらず結果、その完済情報を確認した業者が問題ないと判断し融資されるのです。

では逆に借りられない人というのは、すべて完済していない人になるのですが、たとえば5社から借りていて2社完済、3社継続の場合に弁護士が介入すると残高がある3社のみに債務整理の事故登録がされます。そして、3社で入金が3ヶ月以上ない場合は、遅延情報という形で登録されることになります。

ですがここであきらめないでください。3社の残高が残っている状態で過払い請求をした場合、過払いであればすでに完済していることもあるでしょうから、そういったときは事故登録がつくのはおかしいということになり、過払いであれば事故登録はされず融資が受けられることになります。

どこの業者も信用情報機構で事故登録がないかを確認しているので、登録されるかされないかはとても重要なことなのです。

過払い金請求からの融資は可能?過払い金請求の信用情報への影響

貸金業法が改正されて以前からあったグレーゾーン金利の議論に決着がつき低い方の金利が正しい解釈だと言うことになったため、それまで高い方の金利に合わせていた消費者金融は利息を取り過ぎていたことになってしまった為に返還を請求された場合には原則としてこれに応じなければならなくなりました。しかしこの過払い金返還請求をすると、以後ブラックになってしまい融資が受けられないと言う問題が生じてしまったのです。なぜなのでしょうか。

契約内容を変更する
過払い金の請求は、金融機関の方から見ると当初の契約内容を変更して、利息を計算する金利を低くし余分な利息の返還を行うと言うことになります。要するに話し合いによって返済方法の一部を変更するわけです。これと同じなのが債務整理の一つの方法である任意整理です。任意整理でもやはり利息を見直して返済条件を緩め返済しやすくする方法を取ります。したがって金融機関から言わせれば過払い金の請求は任意整理と同等だったわけです。

任意整理は信用情報に書き込まれる
しかし問題はここからです。任意整理を行ってしまうとその情報は通常信用情報に記載されます。したがって、当然過払い金請求でも同じように信用情報に記載が載ると言うことになって、過払い金請求した金融機関はもちろん、他の金融機関でもブラックという事になりこの情報が無くなるまでは融資を受けられなくなってしまったと言う訳です。利用者側から言わせれば違法な状態を修正しただけなのに大変理不尽に見えたことでしょう。

現在は記載されない
ただしこの状態は多くの苦情が出て社会問題化したために、過払い金請求の場合には信用情報には書き込まないと言うことで決着されています。したがって現在では過払い金請求を行った後でも、融資がなされないと言うことはありませんので、安心して過払い金請求を行ってください。ただし利用した金融機関からはやはり同じように融資は拒否されますので別の金融機関のローンに再度申し込みを行って、信用を作っていくことから始めましょう。

誰が被害者なのか
この過払い金の問題では利用者は勿論被害者なのですが、過払い金を生じさせた金融機関の方も非が有る訳ではありません。これ等の金融機関は民間企業です。利益を追求するのは当たり前の話しで、法律に規定が有る以上、より利益を生む方を選ぶのは当然です。問題が有るとすればグレーゾーン金利を作り出した法律の方です。こういう意味で金融機関の方も被害者であって、これが原因で廃業などに追い込まれた業者には同情してしまいます。

過払い金請求は早目に
こういう訳で、過払い金請求しても以後融資が断られるような問題は無くなりました。大手を振って請求が出来ます。金融業者側はこの貸金業法の改正で経営環境が厳しくなってしまっているところも少なくありませんので、過払い金請求は出来るだけ早めに行うようにしましょう。また業者はなるべく返還金額を少なくしようとしますので、出来れば交渉は弁護士や司法書士に依頼したほうが費用を支払ってもお得だと思われます。一度相談に行きましょう。