消費者金融以外で、子供の学費を借りるところはありますか?

母子家庭です。専門職で働いていますが、住宅ローン、子供の教育費で生活に余裕がありません。自分にお金をかける余裕がなくて、もう何年も新しい服など買っておりませんので、子供から見たら恥ずかしいお母さんと思われているかも知れません。同僚に聞いたところ、教育ローンや学資ローン、学生支援機構から奨学金を借りる方法や、大手銀行や消費者金融から借りているよ。と言ってましたが、どこから借りるのが安心でしょうか?独身の時に消費者金融で借金をして既に完済していますが、また借りる勇気がありません。金利が安いところだといいのですが。よろしくお願いします。

国のローンは、固定金利で安いのが魅力です

お1人で住宅ローンも支払っているなんてご立派ですね!誰にでも出来ることではありませんよ。子供は親の背中を見て育つと言われています。きっとお子さんはお母様のご苦労をわかっているのではないかと思います。いずれ子供にお金がかからなくなる日もくるでしょうから、そのときは存分にお洒落を楽しんでくださいね。

さて、子供の学費を借りるところをお探しなのですね。専門職に就いておられるとのことですが、公務員ではありませんか?公務員でしたら、共済組合や互助組合から低金利で借りれることがあります。公務員でなくても職場で借りられるところがあるそうです。知人で自己破産した人がいるのですが、弁護士費用などを職場から借りてました。毎月給料天引きされる変わりに金利は1%くらいだったと聞いています。その会社によって金利は違うと思いますが、まずは職場で借りれるかどうか確認してみてください。

職場で借りることができなかったら、国の教育ローン、銀行の教育ローンもあります。国の教育ローンは固定金利のため計画的に借りれて金利が安いというのがメリットですね。銀行は若干高くなりますが、学部などによって借りられる金額も変わってきますので、高額な学費が必要になった場合は、銀行の教育ローンがおすすめです。

子供を大学に行かせたい!子供の学費を借りる方法には何が有るか

最近では景気の低迷と同時に、東日本大震災と言う災害も重なってなかなか親にも余裕が無く、大学への進学を希望する子供が経済的な理由で希望をかなえることが出来ない事が増えています。しかし日本は仮にも先進国で、このような場合には普通のローンよりも有利な条件で学費のためのお金を借りることが可能なのです。したがって経済的に苦しくても親の事情で進学をあきらめさせるのは早計で、先ずはお金を借りる事を考えてみるべきです。

給付奨学金
最も良いのは給付奨学金と呼ばれるもので、民間団体や大学内で成績優秀者などを対象に募集しています。これはその名の通り給付ですから、返済の必要が有りません。他の先進国で奨学金と言えばこの給付奨学金を指すのが普通なのですが、残念ながら何故か日本では非常に数が少なく、申込んでもなかなか貰えるものではありません。ただし災害に被災したような場合には審査において優遇される場合も有りますから、駄目元で申込んでみることを勧めます。

貸与奨学金
日本で奨学金と言えばこの貸与奨学金の事です。日本学生支援機構などが有名ですが、貸与ですから返済の必要が有ります。ただし返済は卒業後収入を得られるようになってから行うことになります。この貸与奨学金は無利子のものと有利子のものが有ります。これは奨学金とは呼んでいますが、要するに学生本人が借りるローンの一種と考えた方が良いでしょう。学生時代は良いのですが、多額に借りた場合には就職後は返済に苦労すると言うことになります。

その他の制度
この他奨学金の一種と言うことが言えると思いますが、国の指定する職業に就くことを条件にした奨学金や地方自治体が独自の奨学金制度を持っていることも有ります。また新聞社などでは新聞配達をすることを条件に奨学金を支給する場合も有ります。探せばまだまだ奨学金を出しているところはありますので、高校在学中に調べてみるか、あるいは大学入学後大学に相談してみてください。どんなことが有っても学業を諦めてはいけません。

民間の教育ローン
本人が借りる奨学金以外にも学費を借りる手段は有ります。これは通常は親が借りることになりますが銀行やノンバンクには目的別ローンの一つとして教育ローンが用意されています。借り入れ方法や返済方法も様々なタイプが用意されており、親子が協力して返済していく親子リレー型と呼ばれるような返済方法も用意されています。もし奨学金などで賄えなかったり、奨学金申込前の入学時の資金が足りないような場合には、金融機関に相談に行ってみてください。

公的な教育ローン
これに対して公的な教育ローンも有ります。これは日本政策金融公庫と言うところが扱っており、一般教育融資、教育積立貯金融資、年金教育融資などが用意され、それぞれに融資条件が有りますので、まずはホームページなどを調べて自分が利用できるものを確認するところから始めましょう。特に民間の教育ローンの審査が通らないような場合には国が用意した制度で誰にでも利用する権利が有るのですから、一度相談してみてはいかがでしょうか。